So-net無料ブログ作成

甘い融点 [BLCD]


甘い融点 (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-17)

甘い融点 (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-17)

  • 作者: 崎谷 はるひ
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎コミックス
  • 発売日: 2008/09/16
  • メディア: 文庫


神奈延年(橋爪恭司) ×福山潤(遠矢陸)
崎谷はるひさん原作風営店社長×薄幸な青年のラブストーリー。

薄幸で中学から学校へも行っていないちょっとお頭の弱い(笑)ベビーフェイス(でも20歳)の陸(福山)は、性質の悪いヒモの川田(川原勇次)に拾って貰った恩があるというだけで、ヤクザの下っ端の川田に暴力を篩われながら同居していた。
ある日、「不干渉を治すついでに売りをして稼いで来い」と言われ、暴力団のシマで無届で売りをしようとして発覚し、ホテルでフルボッコされている時、ホテルオーナーの橋爪(神奈)に助けられる。
事情を聞いた橋爪は陸に性の手ほどきをするとともに、なぜだか放っておけずあれこれ面倒をみることになってしまう。
そして、知らず二人の間には性の指南役と生徒という関係だけではなく、お互いを思う気持ちが日々高まっていった。
しかし、自らの薄幸な人生で人から愛されるということに慣れず、むしろ恐れるようになった陸は、利用されているだけど知りつつ、川田から離れられないでいた。
ある日、橋爪と最後の一線を越えてしまった陸は、橋爪から差し伸べられる手を振りほどき飛び出してしまった。
部屋に戻っていた陸は、帰ってきた川田に「橋爪を麻薬不法所持で陥れろ。それが出来ないなら刺し殺す。」と脅され、橋爪の元へ戻った。

その頃、橋爪の秘書の渋沢(置鮎龍太郎)は川田の身辺調査をし、背後にいる暴力団の動向を探っていた。
そして、陰謀が露見し取り押さえられた川田は、陸の口添えで制裁を加えられずに済んだ。
しかし陸が川田の命乞いをしたのは、傷ついていた陸を拾ってくれた恩義だけであって、既に心はそこにはなかった。
事件が落着した後、橋爪は改めて陸に求愛し、二人は彼のマンションで暮らすことに・・・。
めでたし、めでたし!(爆)

とにかく、潤々がかわいい!!!
おツムの足りない(笑)童顔の子って設定を実に良く演じてる!!!(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
橋爪役の神奈延年は、キャストクレジット見るまで気が付かなかったわ(^^;

そして、このCDで一番美味しい役は何と言ってもオッキー!!!
実に有能な秘書として、暗躍しサポートする(そして、主人には容赦がない!!/爆)影のボスのようなキレ者で、終始物語の要所を締めるすばらしい演技でした!

一応成人してるけど、それって犯罪に近いんじゃね?(笑)とか思うくらい幼い陸と、早い話が、性の手ほどきレッスンと称して手篭め(爆)にした川田のラブストーリーなわけで、シチュ的にはどうよ?とか思うけど、崎谷さんの作品はストーリーのバックボーンがしっかりしてるので、結構聞かせます!
何より、渋沢がとてもいい味出しててより納得のいく内容にしているかと。

ただ、相変わらずエロい!です(((( *ノノ) キャー [揺れるハート]

潤々は超音波のような(笑)高音域でアンアン喘いでるし、神奈延年は純情エゴイストの野分とは全く違う「攻」で風営店オーナーにしてはスレていない、不器用な青年役を好演しています。
オッキーは・・・・・・・・・・・・・・・、あっぱれ!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。